event

イベント告知

facebook twitter line

【終了】キックオフイベント WITH ~病気があっても大丈夫と言える社会をともに~ のお知らせ(11/22)

「みんなでつくろう、これからの医療」プロジェクト キックオフイベント 
WITH~病気があっても大丈夫と言える社会をともに~

「みんなでつくろう、これからの医療 <People’s Power flow into Healthcare:PPH> プロジェクト(PPHプロジェクト)」は、ピーペックのミッションである「病気があっても大丈夫と言える社会」の実現に向け、あらゆる人が立場を超えてこれからの医療を一緒に考え、創っていくためのプロジェクトです。

病気をもつ人が治療のために生活を諦めるのではなく、自分らしい生活のための治療ができるように。そして、日本のこれからの医療を素敵なものにするために、病気や資格の有無に関わらず、すべての人たちが語り合い、病気をもつ人視点の治療・薬・サービスを「あたりまえ」にすることを目指します。

今回のキックオフイベントでは、長年エーザイ株式会社で、ヒューマン・ヘルスケアの実現を目的とした、知識創造活動を全組織で展開されてきた同社ナレッジクリエーション・フェローの高山千弘氏と、IT企業勤務から精神科医へ異色のキャリアチェンジを遂げた独立行政法人国立病院機構 東京医療センターの杉原正子氏をお迎えし、病気をもつ人の「ために」から「ともに」医療を創る意義をお話いただきます。また、プロジェクトの具体的な活動内容、参画方法も発表します。

鎧を脱いで(立場を超えて)、みんなでこれからの医療を創りませんか?

 

開催概要

日時:2020年11月22日(日) 17:00〜19:00

場所:YouTubeライブ配信(参加無料)※URLが変更になっています。お送りしたメール、または旧URLのコメント欄をご参照ください。

対象:病気をおもちの方、患者会関係者、ライフサイエンス企業関係者、医療従事者、興味のある市民の方

申込:下記フォーム、またはリンクからお申し込みください。後日視聴リンクをお送りします。 

主催:一般社団法人ピーペック「みんなでつくろう、これからの医療(PPH)」プロジェクト事務局

共催:NPO法人患者中心の医療を共に考え共に実践する協議会(JPPaC)

   医薬品産業イノベーション研究会

講演:

高山千弘

エーザイ株式会社 ナレッジクリエーション・フェロー 元執行役員 知創部長 
医学博士 経営学修士

1982年東京大学薬学部卒業後、エーザイ株式会社に入社。1992年海外へ留学。英国にてマンチェスター大学MBA(経営学修士)を取得。1994年米国アルツハイマー病治療剤の臨床試験、FDA申請承認を担当。1998年、同薬の厚生労働省への申請承認を統括。治療の普及やアルツハイマー病などの認知症の社会的な活動を統括。2006年から知創部長として、ヒューマン・ヘルスケアの実現を目的として、患者様の喜怒哀楽に共感する現場体験研修ならびに患者様に希望を届ける知識創造活動を全組織で展開。一橋大学名誉教授 野中郁次郎先生の知識創造理論の実践や実践知リーダーの育成を図る。リンパ系フィラリア症などのSDGs活動や、コミュニティにおけるリビングラボを実践。2015年執行役員、2020年ナレッジクリエーション・フェロー。

杉原正子

独立行政法人国立病院機構 東京医療センター 精神科医師
日本生命倫理学会「当事者・市民協働参画を考える」部会 部会長

早稲田大学で数学を学び、日本IBM株式会社に勤務。「機械は愛せない。」と確信し、文学の大学教員を目指して5年半で退社。大学院に通いながら高校で医療系小論文を教えたことを契機に医学に目覚め、山梨大学医学部、慶應義塾大学病院での初期研修、慶應義塾大学精神神経科学教室への入局を経て、現在に至る。

みんなでつくろう、これからの医療プロジェクトについて

「みんなでつくろう、これからの医療 <People’s Power flow into Healthcare:PPH> プロジェクト(PPHプロジェクト)」は、“ともに”よりよい医療を創るための“ハブ”になることを目指しています。

これまで病気をもつ人は「医療を受ける人」や「支援が必要な存在」と見られがちでした。そして、病気をもつ人が持つ価値は、当事者も他のステークホルダーも自覚や認識をされていませんでした。しかし今や「病気をもつ人」は医療チームの重要な一員として、ともに医療を創る担い手であり、医療のさまざまなプロセスに病気をもつ人・家族を巻き込むことが21世紀の医療には欠かせない」という考え方に発展してきました。

このような潮流は、「患者中心の医療」「患者協働」「患者参加型の医療」「PPI;Patient and Public Involvement 臨床治験への患者・市民参加」、「Patient Engagement 患者関与」などさまざまな動きとなって現れています。

こうした潮流の中で「病気をもつ人」(患者会も含みます)とライフサイエンス企業との対話や交流の機会がますます増加すると予測されます。しかし、「病気をもつ人」の中には、ライフサイエンス企業との対等な対話や交流が困難な場合があります。また、ライフサイエンス企業にとっては「病気をもつ人」のもつ価値をビジネスに取り込むことが大きな課題となっており、これまでのCSR活動とは異なる位置づけが必要と言われています。

PPHプロジェクトの役割の一つとして、「病気をもつ人」個人や規模の小さい患者会がライフサイエンス企業と対話・交流できるようになるため、人財や資金、知識などの面でサポートする環境づくりがあります。

「病気をもつ人」に蓄積された価値は、イノベーションの宝庫です。しかし、ライフサイエンス企業が「病気をもつ人・患者会」とどのように関わればよいのか懸念する企業や社員も少なくありません。

両者が対等で透明性のある対話や交流をするためには、多くのハードルがあります。このハードルをどのように乗り越えるか?

PPHプロジェクトが、両者の「ハブ」となろうとする意図がここにあります。

PPHプロジェクトは疾患横断型の緩やかなネットワークの形成を目指しています。個人でも、患者会(患者支援団体)でも誰でも参加できます。SNSでつながる等の新しいコミュニティも歓迎します。また、ライフサイエンス企業で働く人が、個人的にでも、会社としてでもプロジェクトに参加できます。

PPHプロジェクトの主役は参加される皆さんです。ピーペックは基盤となる「場」を創り、その活用をサポートしていきます。

前回のイベントのアーカイブ動画

 

お申し込み

フォームが表示されない方は、こちらのリンクからお申し込みください。

 

Others

その他 お知らせ

TOP