topic

トピック

facebook twitter line

「“心臓に”病気があっても大丈夫と言える社会」を共につくる仲間 募集!

心臓病は、だれでもなる可能性がある病気です。心臓病をもっている人も、今もっていない人も、ご家族・友人、医療者、企業などあらゆる人が集まり、共に学び・話し合い「“心臓に”病気があっても大丈夫と言える社会」づくりのためのアクションプランを描く。みんなでつくろうこれからの医療 with Heart プロジェクトはそんなプロジェクトです。

メンバー登録(無料)をしていただくと、本プロジェクトの情報が取得でき、イベント等に優先的にご参加いただけます。

あなたの体験や想いが同じ病気を抱える仲間の希望に繋がるかもしれません。ぜひ、あなたの声を聴かせてください。

参加費:無料

with Heart プロジェクト 概要

 

メンバーの種類と内容

詳細はプロジェクト実施要綱説明動画をご覧ください。

with Heart プロジェクトQ&A

Q1:みんなでつくろう、これからの医療 with Heart プロジェクトって何ですか?

A1:本プロジェクトは、一般社団法人米国医療機器・IVD工業会(AMDD)に後援いただき、心臓病に特化し、「心臓病があっても大丈夫」と言える社会の実現を目指すプロジェクトです。
また、現在実施している、「みんなでつくろう、これからの医療プロジェクト」の活動の「協働の形を構築」の事業にも位置づけられています。詳細は、以下の特設ページをご覧ください。

https://ppecc.jp/news/pph-pj/

Q2:イベントに参加するメリットは何ですか?

A2:心臓病を取り巻く医療や医療機器を提供する企業の取組み・課題等を知ることができます。

<当事者メンバー・サポートメンバー>

・ワークショップや企画会議等を通じて、他の心臓病をもつ人と知り合えます。
・心臓病に関係する患者会や企業と知り合えます。
・日頃感じている、医療や医療機器の悩みをお聞かせください。プロジェクトで多角的な視野から一緒に。

<賛同団体(患者会・支援団体)>

・患者会・支援団体の活動を支援します。
    プロジェクトの中で、団体の活動紹介をさせていただきます。
    団体のイベント情報等を登録メンバーにお送りします。

・心臓病をもつ人やご家族、企業と知り合うことができます。

Q3:プログラムすべて(全9回)には参加ができません

A3:全部に参加することも、選んで参加することもできますので、全9回に参加できなくても大丈夫です。また、メンバー登録をすると、アーカイブ動画が閲覧できます。

注意事項

本プロジェクトに関するご連絡はメールにて行います。メール受信拒否設定(ドメイン指定受信)をされている場合は『@ppecc.jp』からのメールを受信できるよう設定してください。
いただいた情報は、ピーペックのプライバシーポリシーに則って適切に処理させていただきます。

https://ppecc.jp/privacypolicy/

登録方法

以下のフォームからご登録ください。フォームが表示されない方は、こちらのリンクからお申し込みください。
リンク:https://forms.gle/JCJYjfL3YppfvN9f6


Others

その他 お知らせ

TOP